宝石ことばは「貞節、真実、忠実、友愛」1月の誕生石ガーネット

  • 2016年1月6日
  • 2020年3月2日
  • 誕生石
  • 166View
  • 0件

1月の誕生石ガーネット。

○産出される地域は世界各地

○原石はダイヤモンドよりも見事な斜方十二面体

○古代からお守りとして用いられた

という宝石です。

持ち主に変わらぬ愛情を示す石とされ、エジプトでは紀元前3100年にガーネットと象眼のジュエリーが広まっていました。

ガーネットって何色の宝石!?

さて、ガーネットと言えば、真紅だったり褐色だったり、赤い石を思い浮かべられる方が多いと思います。

でも実際はガーネットは青以外なら、どんな色でも揃うと言われるほど、多色な宝石です。

一般的にジュエリーとして手にされることが多いのは、アルマンダイトガーネット

○アルマンダイトガーネット

○パイロープガーネット

ガーネットとして思い浮かべられやすい赤褐色系はこの2つ。

そして、ガーネットの中でも注目されている、パープルみの赤が美しいロードライトガーネット

○ロードライトガーネット

情熱的な血の色を思わせる赤に、魅惑的な赤紫が加わっています。

赤系統のガーネットと比べて、透明度が高く色が鮮やかなのが特徴です。

紫みの赤の確認はぜひ自然光で!

澄んだ緑が美しいグロッシュラーライトガーネット

○グロッシュラーライトガーネット

1968年にケニアのツァボ国立公園で発見され、ティファニーによってツァボライトとして売り出されました。

まだ歴史が浅く、エメラルドに匹敵する美しい緑の宝石です。

ただし、産出量が少ないので、なかなか出会えない種類のガーネットです。

冒頭の写真は、グロッシュラーライトガーネットとダイヤモンドがグラデーションに連なる、流れるようなラインのペンダントです。

鮮やかな緑とダイヤモンドの輝きを、プラチナの白い輝きが上品に引き立てています。

宝石ことばは「貞節、真実、忠実、友愛」

これらの宝石ことばから、結婚18周年の記念石でもあります。家族の形も落ち着いてくる結婚18年目。

「変わらない愛情であなたにつくします」

そんな宝石ことばのメッセージと共に、ぜひガーネットのジュエリーを贈って下さいね。

最新情報をチェックしよう!