Blog
ブログ

おうちでできるジュエリークリーニング

おうちでできるジュエリークリーニング

どれくらいの頻度でジュエリーのお手入れしていますか?

身につけるもの、洋服やカバンや靴…どれくらいの頻度でお手入れしていますか?

たとえば洋服ならドライクリーニングの扱いにくいものでも、最低ワンシーズンに1回はクリーニングに出しますよね?

同じようにジュエリーも身につけるものですが、買ってから1度もお手入れしたことがない…という方もめずらしくありません。

「そもそも、お手入れしないといけないって知らなかったわ!」

とお客様から言われることもたびたびあります。

たしかにジュエリーの汚れって、わかりにくいんです。

いくら汚れても、におってくるわけでもなければ、朽ちてくるわけでもないから…。

そして、毎日少しずつ汚れていくので、変化にも気がつきにくいのです…。

でも考えてみれば、肌に直接のせることが多いアイテム。

ぜひ定期的にお手入れしていただきたい!

夏の汚れを一掃するために洗ってみたら…

8月末に夏によくつけたジュエリーを洗ってみたのですが…。

ビックリするほど汚れていました。

左側のタオルに乗っているのは洗い終わったジュエリー。

宝石の輝きはもちろん、チェーンや、ブレスレットの貴金属部分のキラめき具合が違います。

ジュエリーを洗うのに必要なのは3つのもの

夏は日焼け止めをつけて、汗をかいて…ジュエリーが汚れやすい環境です。

ぜひ、ご自宅でこの夏よくつけたジュエリーや、ずいぶん前につけたっきり、しまい込んでいるジュエリーを出してきてみてください。

用意していただきたいのは

⓵熱いお湯(沸騰させたら熱すぎます。体温より高い温度で)

②ボール(耐熱の容器でも)

③食器用洗剤

たったこれだけ!

お湯の中に食器用洗剤を数滴いれて、ジュエリーをつけます。

すると、チェーンのコマの間に、リングの裏に、ピアス金具に入り込んでいた、皮脂よごれや、ほこり、などなどが、浮き出てきます。

ちょっと気持ち悪いくらい、お湯が汚れることでしょう…。

ゆすぐときに手を滑らせて流してしまわないように、ボールなどを下に置いてゆすがれると安心です。

こびりついた汚れが気になるときは、歯ブラシなど小さなブラシで隙間をこすると、よりキレイになります。

あとは柔らかい布で拭いて乾燥させれば、完璧です!

いつも一緒に色んなところに出かけていって、時には心を慰めてくれて。

時には自信をつけてくれて。

確実に光を添えてくれる、そんな存在。

美しくなっていくジュエリーを見ていると、まるで自分自身の汚れが落ちるような、自分自身がキレイになっていくような、そんな満たされた気持ちになりますよ。

ぜひぜひ、お試しくださいね。

ブログ一覧

Contact
お問い合わせ

お問い合わせはLINE・メールフォームより承ります。
お気軽にお問い合わせください。