新緑の輝きを放つ5月の誕生石エメラルド

エメラルドは、紀元前40世紀から取引されていた記録が残っているほど、非常に古い歴史を持った宝石です。

暖かみのある緑の代名詞として、エメラルドグリーンという言葉があるほど、有名な緑色の宝石。

エメラルドはどんな鉱物!?

鉱物的にはベリル(緑柱石)に分類されるエメラルド。

組成はBe3Al2Si6O18

3月の誕生石アクアマリンも、鉱物としては同じベリルになります。

春の海の輝き3月の誕生石・アクアマリン | ジュエリーM春の海の輝き3月の誕生石・アクアマリン | ジュエリーM

モース硬度は8でダイヤモンド、ルビー、サファイアに次ぐ、強度を持っています。

ただ強い宝石なのね!と安心していただくのは時期尚早…

エメラルドと人間に傷のないものはない

エメラルド、実は非常にキズや内包物の多い宝石です。

無色透明のベリルの時はそうでもないのです。

エメラルドの特徴とも言える、あの美しい緑の原因の、クロムやバナジウムが含まれるために!

結晶時に無理がかかり、キズを生じさせます。

美しい緑の宝石であるために、クロムやバナジウムが必要で、その物質が含まれるが故に、無傷ではいられない…。

キズや内包物が多いゆえに、衝撃には弱くて、欠けたり割れたりすることがあります。

顕微鏡

“エメラルドと人間に傷のないものはない”、というのは、エメラルドを表す有名な言葉。

本当にその通り。

人だって、生きていたら無傷ではいられないですもの。

傷も含めて、自分の輝きにしたい、エメラルドはそんな大人の女性にピッタリの宝石です。

宝石ことばは、『幸運、夫婦愛』。

エメラルドの宝石ことばである“夫婦愛”も。

無傷ではいられない、けれどもそこに育つ愛の強さにフォーカスしているのかもしれません!?

エメラルドのキズや内包物は天然の証。

もちろん傷が少なくて大きなものほど、高価になります!

そんなことを頭の片隅に置きつつ、あなただけの、色の濃い美しい緑のエメラルドをお探しくださいね。

ネックレス
最新情報をチェックしよう!