ロングパールの簡単アレンジ

‘’ジュエリー好きは最後にはパールとダイヤモンドに戻ってくる‘’

パールもダイヤモンドも、ルビーやサファイヤ、エメラルドなどの鮮やかな色のある宝石と違い、色んなコーディネートができます。
 
もちろんパールもダイヤモンドも、カラーバリエーションはありますが、
 
“ジュエリー好きは最後にはパールとダイヤモンドに戻ってくる”
 
と言われるほどです!
 
 
マリリン・モンローは映画の中で、『ダイヤモンドは女の親友!』と歌っていましたよね。
 
アコヤパールが採れる日本では、ぜひ『パールも女の親友!』と付け加えて歌いたい。

「どうやってつけているの?」と聞かれたパールのアレンジ

昨日まで開催していた2月のジュエリーフェア、
 
お客様に「どうやってつけてるの?」と聞かれたのは、こちらのアレンジ↓↓↓
 
 
アコヤのロングパールのネックレスを、スカーフにねじねじ巻いていくだけの簡単アレンジです。
 
私のロングパールは120cmと長めなので、二連にして、一連だけスカーフにねじねじ巻いて。
 

 

もう一連はスカーフの内側に垂らしました。

 

 

ロングパールのネックレス、もしお手持ちのものが80cmのタイプであれば!

 

一連だけでスカーフにねじねじ巻くと長さとボリュームのバランスが、とても素敵なはず。
 
もちろん、普通の長さの、いわゆる冠婚葬祭用のパールのネックレスでも!
(個人的には冠婚葬祭用のパールなど存在しないと思っているので、この表現には抵抗があるのですが・・・)
 
首もとでスカーフにねじねじ巻いていくアレンジ可能ですよ。

後ろはこんな感じです。
 
パール、上品で合わせやすいからこそできるアレンジです。
 
是非お試し下さいね♡
 

似合う長さはその人によって違います

ロングパール、1本持っていると、コーディネートの幅はぐんと広がります。
 
「私には何cmのロングパールが似合うのかしら??」
 
一般的に売られているロングパールは、80㎝、120㎝が多いのですが、
 
〇肩幅
〇肩の形
〇首の細さ
〇胸の大きさ
〇背の高さ
〇どんなシーンでつけたいか
 
などなど、身に着ける人によって、適切な長さは変わってきます。
 
長さだけではなく、珠の大きさ、白のニュアンス(干渉色)の違いでも、印象は全く違います。
 
たった数ミリの大きさの違い、珠の色味のわずかな違いで、
 
「なんだかしっくりこない・・・」
 
と、出番が少なくなってしまうとしたら、そんなもったいないことはありません!
 
実物をつけてみて、あなたを一番美しく見せて、ピッタリなものを選んでいただきたい。
 
ぜひジュエリーMにご相談下さい。
あなたにとって最高のロングパールのネックレスをご用意させていただきます。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です