いつもあなたとあなたのジュエリーのそばに

ジュエリーフェア&ジュエリークリニック初日を終えて

今日、2019年初めてのジュエリーフェア&ジュエリークリニック初日でした。

たくさんのお客様の笑顔を拝見することができました。

笑い声がたえることなく。

幸せな空気感が1度も薄れることなく。

ジュエリーを前にお客様と語り合う時間は、少し夢のような、現実離れした、多幸感に満ちています。

それは私たちジュエリーM母娘が、心から望んでいる世界ではありますが。

私たちだけで実現できる世界ではありません。

それを楽しんでくださるお客様がいてくださってこそ!!!

 

ジュエリーMは代表を交代します

NewsLetterを郵送させていただいてるお客様には、文書でお知らせいたしました通り。

 

2019年2月をもって、ジュエリーMの代表を母である有馬眞理から、娘である武聖子に交代することになりました。

 

ジュエリーM 母から娘へ

ジュエリーに関わってきた中で実感していること。それは『ジュエリーは親から子へ、孫へ、命を越えて、引き継がれていく』ということ。ジュエリーに想いや願いを込めて、身に着ける。そのお手伝いができることが何よりの喜びです。

娘とともにジュエリーMをやり始めて、2月で10年になります。節目の年にジュエリーを受け継ぐように、ジュエリーMの代表を、私から娘の武聖子に引き継ぐことにしました。

これからも母娘2人で、お客様とジュエリーの美しさ、楽しさを共有できますこと、心から願っております。

今後ともジュエリーMをよろしくお願いいたします。

2019年立春の佳き日に    ジュエリーM 有馬眞理 武聖子

 

これからも母と私、2人でやっていくことに変わりはありませんので、お客様にとっては、「何が変わったのだろう」と思われるかもしれません!

それでも・・・。

 

この10年で見えてきたこと、目指していきたいこと

母とともにジュエリーMを生業とし、お客様との過ごした時間。

宝石の学びを通じて、ジュエリーが持つ意味について、文化的・歴史的背景について、教えを請い、考えたこと。

10年という歳月は、母が築いてきたジュエリーMを、これからどんな風に続けていくのか、その目指したい姿を明確にしていく過程でもありました。

色んな情報に振り回されて、目指す姿が見えなくなっていた時もあったし。

「ジュエリーMを発展させるために、どうしたらいいか」ということで頭がいっぱいになったこともあった。

試行錯誤したことは、決して何1つ無駄ではなかったと言い切れます。

でも、出てきた答えはシンプルで。

私たちの心が浮き立つこと、心から楽しいと思えることが、しいてはお客様に喜んでいただけること。

今日、お客様とジュエリーMとして向き合う時間の中で、

「わぁ、素敵!」

「これ、すごくいいわ・・・」

お客様が鏡をのぞいて、もらす感嘆の声をすぐそばで聞きながら。

表情がぱっと明るくなって、まるで暖かい日の光が差し込んできたような。

喜びのオーラがたちのぼるような。

そんな瞬間を近くで見せていただけることができるって、こんなに幸せなことはないなって思ったのです。

世界にたった一つの宝石が、世界にたった一人のあなたと巡り合う瞬間。

あなたのそばにいて、あなたが輝く瞬間を見ていたい。

そして、手にした瞬間だけでなく、その輝きがずっと続くように。

〇ジュエリーを長く美しく楽しんでいただくためのお手入れの仕方

〇装う場面別のコーディネイト

〇お手持ちのジュエリーとのアレンジ

そして、

〇そのジュエリーをどのように引き継いでいくか。

あなたが包まれている幸せを、ずっとそばで共有していけるジュエリーMでありたい。

ジュエリーを楽しむことは、人生を楽しむことだから。

どうぞこれからも、ジュエリーMをよろしくお願いいたします。

 

2月14日 一粒万倍日に ジュエリーM 代表 武 聖子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください