オーダージュエリーのできるまで~打ち合わせ編

セットリングってどのようなものでしょう?

シャンソン歌手、玉田さかえさまのリモデルジュエリー。

リフォームに込められた想いはこちら⇒地金の色ってとても大事です

今回は、以前ジュエリーMでリフォームさせていただいたリングに、重ねてつけていただけるセットリングをオーダーいただきました。

こちらのリングは縦長で、宝石の高低差もあり、デザインが立体的です。

このリングにピッタリと合うデザインは0.1mm単位でこだわって作ることができる、オーダーリング以外ありえません!

デザインのご提案

最初の打ち合わせで、ご予算と、デザインの希望を伺いました。

①1本でもできて、他のリングとも重ねづけできることを重視

②メレダイヤモンドで輝きを添える

最初の打ち合わせでは、シンプルで1本でもさりげなくつけていただけるデザインをご提案しました。

「これではシンプルすぎる・・・」

ステージでつけて、よりリモデルジュエリーが映えるような。

華やかさとボリュームが欲しいとのこと。

たしかにステージでつけられるのでしたら、ボリューム感が足りません・・・。

玉田さま、すらりと背が高く、指も長くていらっしゃいます。

「手の甲の関節くらいまでくるようなボリューム感がほしい」

そこで手の甲の関節までの長さを測らせていただき、身体的な特徴を生かした、できる限り縦長のデザインをご提案いたしました。

 

ダイヤモンドの数を減らし、サイズを小さくすることで予算はクリア。

その代わりに、地金の細工にこだわって、ボリューム感がでるように。

玉田さまの手の大きさを活かした、リングの立体感をより強調する流れるようなデザインです。

さて、ここからどのように形になっていくのでしょうか!?

明日のブログでご紹介したいと思います!

オーダージュエリーのできるまで~工房編

ジュエリーに関するご相談は随時受け付けております⇒こちらまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください