いらないジュエリー、困った時するべきたった1つの質問

前回のブログ『これは絶対に身につけない!でも捨てられない!!それがジュエリー』にも書きましたが。

ジュエリーはどれだけ使っても、価値がゼロになるということがないため、処分に困るもの

価値があるとわかっているものを、ゴミ箱にはほうりこみにくいですよね・・・。

ついつい引き出しの奥に、しまい込み、目につくと「あー、コレどうしよう」という気持ちになったり。

しまい込んだことすら、忘れてしまったり!

そんなもったいなく、悲しい事態にならないようにするべきこと。

身につけないジュエリーを前にするべき質問は、たったの1つです

質問いたしますよ・・・いいですか・・・。

なぜそのジュエリーを身につけないのですか?

なんのひねりもない質問、肩すかしだったでしょうか!?

でも、使わないジュエリーをじっと見つめて、ゼヒそれを問うてみて下さい。

きっと出てくる答えは、下の3つのいずれかに当てはまるはずです。

①デザインが今の自分にしっくりこない。

②譲って(贈って)くれた人に対してわだかまりがあって(いい思い出がなく)。

そのジュエリーを見るたびに嫌なことを思い出す。

③ジュエリーそのものを身に着けることが嫌い。

①の場合は、リフォーム(リモデルジュエリー)をぜひご検討下さい!

あなたをより魅力的に、より輝かせるような。

今のあなたに、そして未来のあなたにふさわしい形に、作り変えましょう。

本物はそれができます!!

Before
②の場合、リフォーム(リモデルジュエリー)をぜひご検討下さい!

宝石に罪はありません・・・。

譲ってくれた(贈ってくれた)方を、思い出しもしない形に、変えてしまいましょう。

本物はそれができます!!

After

いや、たとえ形が変わっても。

その人が身につけたもの、その人の想いが入ったものは、絶対に身につけたくない。

そこまでの強いお気持ちがあるのであれば、引き出しにしまい込まずに、処分してしまいましょう。

そういうときのために、地金買取のお店があるのです。

(※ただし突然自宅に訪ねてきて「地金を買い取ります!」などという業者、郵送で買い取りに応じるような業者はダメです・・・詳しくはまた改めて別記事に)

③の場合、そのジュエリーに思い入れがないのであれば、どなたか使ってくれそうな方(友達や家族など)が身近にいれば、譲って差し上げるもよし。

地金買取をしてくれるお店に売ってしまうもよし。

③の場合でも、そのジュエリーに思い入れがあるのであれば、大切に取っておいて、眺めるだけでも価値のあるもの。

本物のジュエリーは腐りませんし!(当たり前)

きちんと保管すれば、経年変化はほぼありません(パールなどの有機物は別です)。

眺めるたびに、そのジュエリーにまつわる思い出を呼び覚ましてくれる、貴重なタイムカプセルになってくれるはず。

そして、これはとても贅沢なご提案ですが。

眺めるためであっても、ご自身がときめく形、見るたびにウットリする形にリフォーム(リモデルジュエリー)してしまうのも、とても素敵です。

ちまたで話題のお片付け本にならうまでもなく

身につけないもの、今の自分にしっくりこないものを、側に置いて、スペースを取られたり、見るたびに気を取られたりすることは、本当の意味でもったいないことです。

これはジュエリーに限ったことではないですよね!

ぜひ、使わないジュエリーを眺めながら、上の質問をしてみて下さいね。

そして!

使わないジュエリーがいくつかあって、どうすればいいのか、1人で整理できない・・・という方

ぜひジュエリーMにご相談下さい!

〇今のあなたが楽しんで使っていただくには、どう組み合わせたらいいのか。

〇リフォーム(リモデルジュエリー)をする意味(素材的な価値・精神的な価値の両方の側面から)があるのか。

〇保管する上での大切なポイント

などなど、ジュエリーMがジュエリーのプロならではの切り口で、一緒に考えさせていただきます。

次回はいざリフォームをするとき、どんな視点でリモデルジュエリーの依頼先(宝石店)を選べばいいか、ご案内したいと思います!

ジュエリーMのホームページ、ぜひブックマークして、また遊びにいらして下さいね。

最新情報をチェックしよう!